ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
5月25日~27日まで帝都旅行をしておりました。
川口で行われていたゲームレジェンドに参加するためでもありました。

25-05-26-11.jpgこれに加えてもう一つ帝都に来る理由があるのです。
別ブログで書いているのですが、どうも靴が合わないのか小指が痛くて話にならず、かといって近所の靴屋へ行ってもサイズがないから買えるわけもなし。

フェイスブックで同じ仲間からシューフィット神戸屋さんを教えてもらい、予約を入れたのでした。

イベントが終わったあと、JRと地下鉄を乗り継いで新宿御苑の近所にあるこのお店へ行きました。

そこで測定してもらったのですが、どうやら日本国内では買うのが難しい足だと判明。
そこで自分のサイズに近い靴が買えるお店を紹介してもらったのです。


25-05-28-01.jpgこうして27日はまるまる靴探しの旅になったのです。
新宿の高島屋、銀座の名だたる靴屋などなど何軒もまわって、やっと一足のスニーカーを購入することができたのです。

って、近所のでいいじゃんってお思いかも知れませんが、上記のとおりどれでもよいというわけにはいきません。

結局、家からはいてきたスニーカーは小指の付け根の激痛がひどく、買ってきた新品に履きかえることになったのでした。

25-05-27-01.jpg要町へ行ってぴよだまりをゲットしたり、ハンズでこまごま買い物した後、夜行で帰ったのでした。






スポンサーサイト
2013/05/28 22:49 旅行記 TB(-) CM(-)

ホテルの窓からスカイツリー。

2013/05/25 22:11 旅行記 TB(-) CM(-)
25-05-03-02.jpg

SCC&コスプレイベントのダブルヘッダーの帰りにお台場のガンダムを拝んできました。

りんかい線東京テレポート線に行くために重いカートを引っ張っていったら・・・ガンダムにであってビックリ。

後ろの建物と比べると実物大ガンダムの大きさがよく分かりますねw

25-05-03-03.jpg

というわけで背中もぱちり。

日がだいぶ遅くなったこともあり、コスプレイベントから撤退したころにようやく夕暮れに。

25-05-03-01.jpg

6時でも結構明るいんだよね・・・この時期は。

25-05-03-04.jpg

池袋にもどった後は、買い物したり、有ご飯を食べたりした後、夜行で帰ったのでした。





2013/05/06 01:13 旅行記 TB(-) CM(-)

遠征の時にお世話になっている夜行の降り場が変わっててびっくり。
今までは、デパート沿いだったのに、旧キンカ堂沿いに変更されたからだ。
これに加え、降り場に横浜も追加だ。

おかげで帰りの夜行が早くなったのが痛いけどね。
2011/10/23 08:27 旅行記 TB(-) CM(-)
23-06-01-01.jpg5月28日~29日まで帝都を堪能してきました。
29日はイベント参加ということで、この機会に要町のぴよだまり詣でと吾妻ひでおマニアックスを観てきました。

夜行で到着したのは朝の7時。
朝から雨天な上に時間があったので、午前中は池袋のネットカフェで時間つぶしたり、乙女ロードでお気に入りの本を探したり、ハンズでお買い物をしたり。

お昼は池袋でラーメン。
ねぎタップりのタイプを選んだけど、辛口でチョイスを失敗。
でも、寒い雨空にはちょうどいいかもね。

23-06-01-02.jpg営団地下鉄で要町へ。
にしても・・・店内は節電の影響で薄暗いのだ・・・。
ぴよよ・・・こんな薄暗いので大丈夫なの?
って思ってしまうのだ。
(駅構内に限らず、猫も杓子も節電ムードではあったが)

でも大丈夫、店は開いてるよ。
というわけで、早速お買いもの。
ツィッターでチェックしてあった帆布ポーチ大小をゲット。
小さい方はお出かけ用の携帯入れに、大きいほうは筆記具入れにするのだ。
あと、欲しかったTシャツもゲットできたのもうれしい。
明日はイベントということで、差し入れ用も同時に購入。
30分くらい堪能した後、要町を後にし、御茶ノ水へ。

23-06-01-03.jpg 23-06-01-04.jpg

ここの駅のホームは本当にきれいだよね。
緑とビルのコントラストが本当に効いていて見る人の心を癒してくれるのだ。
ちなみに、ビルの方は東京医科歯科大学なのだよ。

御茶ノ水は実は学生の街なので、ほかにも順天堂大、日大、明治大のほかにも予備校や専門学校がひしめいているのだ。
が、用事があるのは明治大の方だ。
厳密に言えば、附属施設の方である。

そう・・・米沢嘉博記年図書館である。
周知のとおり、祭典の祖である故・米沢嘉博さんや故・岩田次男さんの蔵書を元に作られた漫画図書館である。
今回、ここを訪れたのは、萌えの祖でもある吾妻ひでおマニアックスという展示があったからである。

彼が一番活動した70~80年代当時、私は生まれてから小学校中学年の間なのだ。
むしろ、高校生のときに手にした本で、初めて知った口で、作品の内容についてはごく最近。
展示物を見た後、単行本も読みたくて、一日会員証を申請して閲覧した。
開架コーナーに吾妻ひでおコーナーがあって、単行本や比較的新しい(04年くらい)同人誌を読んでみた。

にしても、彼特有のシュールさ、不条理さというか、カオスな雰囲気が当時のサブカル漫画って感じだ。
それは比較的新しい同人誌でも健在。
むしろ、昔とほとんど変わらない作風とノリが今の私にとっては、新鮮に感じられるくらいである。

たしかにエロもグロも美少女もあるけど、今のようなエロ的いやらしさではないと思う。
ユーモアとか、不条理さもうまく丸め込んでるあたりが吾妻さんらしいのかも知れない。

それ以外にも、昭和54年のぱふとか、初期のファンロードなども片っ端から読んだら、4時過ぎていたという有様。
この図書館ではあるが、会員制(3種類ある)の上、18歳以上でないと閲覧室には入れないので、要注意。
(もちろん、附属施設ということで、明治大学の学生と教職員はこの限りではないが)
規則により中の撮影はNGということで、写真は建物と印刷物でご勘弁を。

この後は、書泉ブックーマートによって買い物。
十数年も出かけてないから本当にお久しぶりだね。
でも、本の並べ方は昔も変わってないなって思うんだ。
私が若いころは、東京へ行くときにはよくお世話になっていて、ここでは女性向けの大手の本も置いてあってびっくりした記憶がある。
この周辺には、古本屋が並んでるので、思わぬとこで、掘り出しものがあったり。

そのまま、池袋においてあった荷物を取りに行って、大塚の宿へ。

23-06-01-05.jpgこの日の夕食というか、居酒屋で梅サワーと串焼きで。
こういう一人で居酒屋というのもちょっと新鮮なのかもね。


ネットカフェに寄った後、ホテルに戻ったのでした・・・。

23-06-01-06.jpg食べ物番外編。
左は新宿駅構内でオーダーしたベリージュース。
右は駅の売店でゲットした梅干キャンディ。


29日についてはこちら→http://takidaira377r.blog33.fc2.com/blog-entry-3117.html





2011/06/03 01:36 旅行記 TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。