ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
20070227155514
えらく青々と雑草が生い茂ってるなと思ったら・・・
実は麦だったりする。
雑草呼ばわりとは失礼な。
スポンサーサイト
2007/02/27 15:55 作物や植物達の写真 TB(-) CM(-)
2月も、あっけなく終盤。

ヲタクにとっても大事な時期が2月だったりする。
税金と祭典申し込みだ。

前者の方は、本業の方で確定を済ました。
しかし、同人は・・・というと、弱小&マイナーゆえ、遠征関係が響いている以上、明確なんだけどね。
(*´д`;)…

後者は8月のスケジュール上、申し込みを断念。
大阪の夏インテも単日開催になってしまったため、夏のイベントに関しては、サークルでの参加はお休み確定になってしまった。
本業の梨の仕事の方が忙しいことは想定内だからだ。
2007/02/27 00:27 ヲタ活動 TB(-) CM(-)
07_02_26-ume01.jpg 07_02_26-ume02.jpg 07_02_26-ume03.jpg

仕事が休みということで、病院通いのついでに津の結城神社のしだれ梅を鑑賞しにいく。
平日にも関わらず、相変わらず観光客で満杯。
県外の大型バスが2~3台止まっているあたり、その辺の有名度がうかがえるのだ。

そして、暖冬ということもあって、例年以上に花が見ごろとなっている。
陽気つられて、鳥も花の間を所狭しと動き回る。

梅苑のなかは有料で、大人で500円。
もっとも、そこへ入らなくとも、周辺のしだれ梅だけでも、十分鑑賞に耐えうるクオリティ。
茶屋からも、梅苑の中を拝めるので、お抹茶を頼んで楽しむのも一興だ。

地元の意外なしだれ梅スポットにへぇ~と思った人はぽちっとな。
webclap-w.gif




2007/02/27 00:24 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
07_02_24-tubaki01.jpg


暖冬だのへちまだのといっても、
時期が来れば咲くものは咲きますと
言わんばかりに主張している我が家の実生の椿。

実生とは、読んで時の如く
種から生えてきた香具師のこと。
と書けば聞こえはいいが、
人間に例えれば、不法侵入に居座りですかね。

申しわけないけど、立ち退いてくれませんかね?
絶対ムリです。

にんげんのアレと一緒にするなよ!
と激怒している実生の椿に同情したい人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/24 19:32 作物や植物達の写真 TB(-) CM(-)
07_02_23-nc01.jpg

久々に水彩が描きたくなったので、
引き出しの奥にしまってある水彩道具を引張りだすことにする。

今でこそCGで描いているが、
それでも、たまにアナログで描きたくなるときがあるのだ。
このときは、大抵は色鉛筆とコピックの時が多い。
作業の後始末が殆どなく、すぐ使えるからだ。
しかし、今回はなぜか水彩で着色したくなったのだ。

07_02_23-nc03.jpgといったとこで、私の場合、水彩をやる場合、
線画につけペンとインクは使わない。
例え、耐水性であっても、色がにごるのが怖いからだ。
写真では、ダークグリーンの耐水性のミリペンでペン入れ。
これを水張りという手法で、ボードに固定する。
これは、水彩作業をしていると、
生じてくるぼこぼこを避けるためなのですな。
ひと手間かかるけど、そのほうがクオリティが上がりますんで。



07_02_23-nc02.jpgこの後は、小学校図工絵の具と、アクリル絵の具で着色。
絵の具を水で薄めて着色→乾燥をひたすら繰り返す。
こうすることで、微妙な色合いを出していく。
使っている絵の具は不透明水彩だが、
水を調整することで、透明水彩ライクに塗れるのだ。

これでは色が弱すぎるので、
仕上げに、色鉛筆やコピックで色を入れて、
ホワイトを入れたら完成である。


ちなみに、イラストのネタはナムコクロスカプコン。
何度もいうようだが、中村さんは、原作のマンガの方を踏襲。

アナログもたまにはいいよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/23 14:38 レトロゲーム関連 TB(-) CM(-)
07_02_21-cake01.jpg

遅いバレンタインの家族チョコ代わりに食した抹茶ティラミス。
甘さ控えめの抹茶クリームとティラミスの絶妙な味がナイスな一品だ。

このスイーツは、ぎゅーとら久居店にあるラ・ミシェットにて入手でできるぞ。
サイト→http://www.coonel.jp/s/2006/06/post_70.html

ご馳走様でした!!ということで、ぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/21 17:11 食べもの TB(-) CM(-)
07_02_21-hinoki01.jpg 07_02_21-hinoki02.jpg


やっとこさ、ヒノキ苗の選別・仮植作業が終了。
ヽ(´ー`)ノ

それにしても、今年は根の状態が悪かったのだよなあ・・・
すくも(いわゆるこがねむしやカナブンなどの幼虫)に根を見事に食われて、鳥の足状態になってるわ、
根が曲がってるわで、涙が出そうになること。
第一、苗が掘りやすいときてはねぇ~
(;´∀`)・・・いたいなぁ・・・
外見も大切だが、肝心要の根が悪いと話にならないからなあ。

当然のことながら、売り物にならず、
仮に出荷としても、出戻りになってしまうのが関の山である。
(しかも、出戻り時の運賃は、出荷者自ら自腹を切らなければならないのだ)

この作業が終ると、注文を待って出荷をするだけだしね。

写真の方は、左が曲がった根っこ、右が昨日の昼に食した弁当。
右の弁当は畑から車で15分以上かけて、スーパーのべのでゲット。
近くのコンビニよりも安くて、ホカホカで、おかずも豊富だ。

ご苦労様・・・とねぎらい人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/21 17:09 本日の農作業 TB(-) CM(-)
18日の大江戸を、42.195Km間をにんげんは6時間大爆走。
しかし、キャベツの方は、年の暮れから、今日まで大爆走を続けていて、静まりそうにもない。
おかげで、キャベツの値段が上がらないったらありゃしない。

といったとこで、キャベツの収穫。
しばらくヒノキの作業もろもろで、放置プレイしていたら、
案の定、キャベツが割れだしてきたのが出てきたのだ。
こうなれば、売り物にはならない。
それでも、30ケース弱は収穫。

といったとこで、我が家では、
今年は彩ひかりと冬太郎というキャベツの品種を育てている。
しかし、どうも我が家では前者の方が育ちが芳しくない。
割に病気が多い上、土の質がよくないせいか、大きさはイマイチ。
後者は、加熱料理向け品種。しかも、寒さと病気に強いのがうれしいのだ。
収穫、大きさともに、冬太郎に軍配が上がる。
そんなこんなで、次回シーズンは冬太郎で育てたいとはオヤジの弁。
何分、食の安全を考えると、出来ることなら農薬を使いたくないのが、生産者の本音なのだ。
だから、同じおいしさで二つの品種があるのなら、病気に強い品種を選ぶ。
そうすれば、無駄な農薬を使わなくてもすむわけで、その分コスト安にもなるからだ。
にしても、食の安全を叫ぶ割には、何で食の安全が農薬使用における費用の削減というメリットがあることを何でえらいさんは言わないでしょうねえ。

07_02_19-kyqaberu01.jpgちなみに写真は、葉牡丹ではなく、れっきとしたキャベツの・・・はず。
って、お前、葉牡丹のふりしてもムダだぞ。


納得できないよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/20 01:36 本日の農作業 TB(-) CM(-)
07_02_19-wong01.png

まずは名刺交換でも(by 中村等)

と言った感のある2010・2P社長。
つっても、そのまんま(某知事にあらず)やんか・・・

しかし、その笑顔で一枚の名刺を差し出された瞬間から、
社長の野望は始まっているのだった・・・。

こうして総帥を利用した挙句、裏切るのだね・・・と思った人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/20 01:33 サイキ関連 TB(-) CM(-)
07_02_18-ps201.jpg

あけてびっくり、PS2って思ったより小さいのにびっくり。
パッケージを見た時は、
とても大きいのかなあって思っていただけに尚更。

箱でだまされる方が悪いと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/18 11:01 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
半年ぶりに美容室へ行って、カットしてもらう。
何分、ロン毛の上、量が多いので、乾かすのに一苦労なのだ。

07_02_17-dog01.jpgといったとこで、新メンバーも入っていたりする。
そう、看板犬のミルキーちゃん(Mダックス・1歳・女)だ。
牛柄のような模様のブラックタンポールドがトレンドの彼女は、
お店のマスコット。
初対面の私にも、ご挨拶するとってもフレンドリーな娘さんなり。


07_02_17-cake01.jpg 07_02_17-cake02.jpg

この後、行きつけのお店で一服。
りんごタルトがウマーの上、
ミルクティーのカップもアールデコ風のミント色で新鮮だったりする。

看板犬がいるだけで、お店の中が和むよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif



2007/02/17 23:27 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
07_02_16-hinoki01.jpg 07_02_16-hinoki02.jpg

嗚呼・・・と嘆きたくなる。

どうもヒノキの出来がよくない。
根をすくも(こがね虫やカナブンの幼虫の類)に食われたようで、
商品として出荷するに耐えないものが多いのだ。

当然のことながら、ヒノキの苗を掘る作業は楽勝だ。
これっていいのか悪いのか・・・複雑だ。

貧弱ッ 貧弱ゥ!(by DIO)って叫びたいよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif
2007/02/16 23:41 本日の農作業 TB(-) CM(-)
07_02_16-Ncom01.jpg中学時代に合唱部だったこともあってか、この手の曲には弱い。
つーか、何か嫌な時に聞くと、癒される。
もともと、いじめにあっていたこともあって、
合唱が唯一の慰めになっていたことが大きかったからだ。

もっとも、高校に進学した際、合唱部がなかった上、
本当にやりたかった部活も親の反対にあって、
不本意な部に入部してしまうことに。
当然、やる気があるわけはなく、学校の成績もがた落ち。
結果、ゲーセン道へ走らせてしまうことになってしまったのである。

それはさて置き。
合唱曲系のMIDIサイトを巡ったところ、着メロ投稿サイト・J-KENに出合ったのである。
おお懐かしいや・・・といろいろ聞いてみて、早速レッツDL!・・・と思ったら、
我が携帯はdocomoということで、DL不可能 OTL

とはいえ、当時Nコンに参加して歌ったことのある曲が沢山あって、ホクホク。
中には歌ってないけど、
Nコンの全国大会をテレビで鑑賞していて、気に入った曲もあったりする。

と言うわけで、
写真はNコンの地方コンクールに参加したときの参加賞品のパッジ。
ちなみに、この当時はまだゲーセンと言う文字は知らないのはいうまでもない。


J-KEN
http://pc.j-ken.ne.jp/index.php

機種以前に、パケ代でへこんでいる管理人に愛のクリックを。
webclap-w.gif
2007/02/16 23:39 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
07_02_15-kyaberu01.jpg 07_02_15-kyabetu02.jpg

14日とはうって変わって、強風吹き荒れる寒々(?)とした日。
あのときは途中で雨が降ったからな・・・

そのこともあってか、オヤジは体調が思わしくない。
しかも最悪なことに、病院は休日・・・そりゃないぜ。
ついでにいうなら、持病の腰痛がぶり返してきてるからなあ。

そういった事情もあって、
この日のキャベツの収穫は早めに引き上げる。
ケースにゆうに30ケース程。

しかし、一つ一つがはちきれんばかりに太っていて、
プラスチックケースに入りにくい。
中には二キロクラスもあったりする・・・

で、カット野菜工場のある白山までいったものの、
14日の雨の影響はまだ残っていた。
いつもなら、ちょろちょろの川も、さすがに水かさが増していた。

雨も嫌だが、強風も嫌よねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/16 00:40 本日の農作業 TB(-) CM(-)
07_02_15-choko01.jpg


公平な取引のチョコ

直訳すれば、そのまんまだ。

数日前にネットで注文したフェアトレードチョコが15日の夕方に届いた。

さて、このフェアトレードチョコ・・・って何ぞやっていう人がいるかも知れないね。
この存在を知ったのは、わたしの場合、ネット上なのだ。
このチョコレートの大きな特徴は、
生産者の顔が見えること、
生産者の自主性の元で作られていることなのだ。
だから、チョコや砂糖の原料を生産する当事者自らで、
組織を作り、適正な価格を決め、運営しているのだ。

え?って思うかも知れない。
何げに食べているチョコの原料の多くは、発展途上国で作られ、
相手の一方的な値段で買い叩かれているものなのだ。
そして、このためにこどもも働かされているのだ。
中には、奴隷の様に働くことを強要されていることも。
もし、詳しいことを知りたいのであれば、
フェアトレードチョコ」で検索されることをオススメしたい。

といったとこで、ヘーゼルナッツチョコを食してみた。
ほろ苦さのなかに、ほんのり黒糖本来のコクのある甘さと、
香ばしいヘーゼルナッツチョコのコラボレーションがたまらない。

フェアトレードチョコは食育の教材にもいいよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/16 00:37 食べもの TB(-) CM(-)
07_02_15-rika01.jpg

部活メンバーの一人、古手梨花。

暇潰し編で、彼女が背負う重い真実を知ったとき、ショックだったよなあ。
いつもは、にぱぁーっと言う台詞に代表されるように、
ほえ~な雰囲気をもっているんだけど、
こうみえても、雛見沢の名家・古手家の一人娘。
生まれながらにして、オヤシロ様の生まれ変わりとして、
村人からの崇拝の対象として、生きることを強いられていたなんて・・・

しかも、そんな彼女の母親の目には、
変わった子、不気味な子っていう風にみられてたしな・・・。

て・・・いうことは、部活メンバーの連中って、
みんな個人的に複雑な事情を抱えていたってことなのか!?
とすれば、何らかの形で、
その心の闇が綿流しをきっかけに暴露されたということなのだろうか・・・
鬼隠し、綿流し、祟り頃しの3フレーズを見ると、
最低誰か一人は、綿流しをきっかけに精神的におかしくなっているのだから。

これも、推理の重要なポイントかな・・・って思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/16 00:34 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
07_02_15-keith01.png

誕生日ということで、珍しく4Pカラーのキース様。

15歳ということで、バーンと初対面の年なんだよなあ・・・。
っていうことは
Σ(゚Д゚)!・・・
そう、軍に拉致られてしまうってこと!?

●:・∵;(ノД`)ノ ヒイィィィ


誕生日を通して、リアルサイキが近づくことを実感するねと思った人は、ぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/16 00:32 サイキ関連 TB(-) CM(-)
07_02_15-wberabow01.png

そりゃないよぉ~!!

人によっては、もらいすぎて泣きそうになることがある、
バレンタインデーの義理チョコ

というわけで、ネタはベラボーマン(ナムカプ)。
会社勤めをしていると、いやでももらう女性社員からの義理チョコの山・・・
こればっかりは、
普段は険悪な中村さんと妙島さんでも、お手上げですな。
(同感ともいう)
とほほ・・・・
ホワイトデーでツケがくるからねぇ・・・・

といったとこで、バレンタインで一生許せないのが、
義理チョコをせびる上司だ。
会社に勤めていたころ、実際に義理チョコをせびられて、
しかたなく100円の安物チョコをやった事があるのだ。
んったく・・・、自分がモテないからって、
義理チョコをせびるなんて、
本当にひがみっぽいたらありゃしない。
そう思われてもしかたないよ!!
例え義理チョコであっても、それなりの品格がないと、
渡す気力はなくなるからね。
今でも、このことで怒りはおさまらない。

ここにもリーマンの哀愁が漂うよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/16 00:30 レトロゲーム関連 TB(-) CM(-)
07_02_15-himatubushi01.png

前半最終フレーズ・暇つぶし編を読破。
といっても、もともと外伝もとい、隠しシナリオの性格上、
祟殺しを読破しなければ、出現しない。

そう・・・なぜ、雛見沢で昭和50年後半から58年までの間に
しかも綿流しに合わせて連続猟奇事件が多発しているのか・・・

その最大の原因を作ったともいえるダム工事阻止運動末期の様子を
若手刑事の視点で語られたのが、暇つぶしなのだ。

にしても、この若手刑事・赤坂が出合った謎めいた少女、
後に部活メンバーの一人だった古手梨花が実は何者か知った時、正直ぞっとしたのだ。
しかも、彼女にとっては、一人の少女として生きることが望みだったのに、
世間が許さなかった、家の血が許さなかったのだ。
雛見沢の三大名家の古手家に生まれただけにとどまらず、
親戚筋もないこの家の最後の娘として、
村が崇拝するオヤシロ様の生まれ変わりとして、生きることを強いられたのだ。

のちのち・・・結果として彼女は惨殺されるわけだが・・・

にしても、赤坂刑事が怪我した後、
病院を抜け出して妻の雪絵に電話をかけようとしたら、
どこもかしこも電話線が切られてて大困惑。
そこへ、梨花がストーカーの様にぬっと出てこられたときのエピソードが怖かったよ~。

というわけで、手持ちのディスクは、問題提示に当たる前半4フレーズのみ。
肝心の話と真相は、もう一つのディスクに収録された後半4フレーズへと続くわけだが・・・
それは、後々購入することになるのはいうまでもない。
もっとも、あえて購入せずに、自分なりに考察するなり、サイトで討論してもかわないが。
(つーか、そもそもこのゲーム自体、そういう意図で作られているわけなのだが)

何はともあれ、とりあえず全4フレーズ読破だね、うん。

読破お疲れ様だねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/15 00:35 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
07_02_14-tatarigoroshi01.jpg

祟殺し編をようやく読破。

しかし・・・火山性ガス災害オチって、一体どうなっているんだ?

沙都子の複雑な家族関係をテーマに話が進んでいたはずなのに。

そうでなくとも、圭一が綿流しの晩に沙都子の叔父を殺してから
部活メンバーと話が合わなくなったりしだしてるのも変だし。
お祭り当日は、殺しをしていて会場にはいなかったはずなのに、
何で、メンバーは圭一がいたよと証言しているのか・・・
不思議で不思議でたまらない。

そして、診療所へ行くも、
監督もとい入江医師の不可解な行動も気になる。
見た目、いい人そうなのに、彼は一体何者なのだ。
第一、圭一に紅茶をすすめるふりをして、
これに薬を入れる意図は何なのか。

それに輪をかけるかのように、部活メンバーの梨花の惨殺。

これらの疑問は、最後の災害にどう結びつくのだろうか。
正直、気になるとこだ。
そして、最後に出てきた謎の奇病・雛見沢症候群という文字も気になる。
(ちなみにこのエピソードは、マンガによる外伝で語られることになるが)

後は、前半の問題編の最終フレーズ・暇潰しのみだ。
ここでは、さらに時間をさかのぼって、
昭和50年代初期の雛見沢を舞台に、一刑事によって語られるエピソードとなる。
祟殺しを読破した時点でこのフレーズが出現するあたり、
どうやら、外伝としての性質が強いようだ。

あのオチには疑問が残るよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/14 12:55 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
07_02_13-satoko01.png

ひぐらしのなく頃にの第三フレーズ・祟殺し編も中盤に差しかかった。

前の二フレーズの鬼隠し、綿流しと違って、
お世辞にも序盤からほのぼのとはいいがたい。
それもそのはず、圭一君の災難だけに終らず、
野球の試合の後のバーべキューパーティエピソードを境に、
部活メンバーの沙都子の複雑な事情が浮き彫りになって来たからだ。

彼女の欠席という異変から、まさか叔父による虐待とは・・・
そして、その虐待のうらに、複雑な彼女の家庭事情が見え隠れ。
複雑な環境の中で、母親が義父に奪われてしまうのではないかという
不安から、わざと虐待の被害者に成りすましたり・・・

けれど、周辺のものは、何も出来ない・・・
誰一人として、助けることもできない・・・
そんな無力感のにおいが、このフレーズに立ちこめていた。

そんな彼女に希望はあるのだろうか・・・と思った人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/13 23:56 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
07_02_12-keiichi01.png

まさか、圭一君のおとんって・・・
同人作家、ことに大手さんとは思わなかったよ。
つーか、これで、妻と子を食わせるとは、
つくづく大物と見たぞ。

一体、何のジャンルで活動しているんだい。
圭一君のおとんよ。

とはいえ、圭一君よ、
この件についてはオヤシロ様以上に、
あまり知らない方が幸せだと思うよ・・・。

つっても、ひぐらしは昭和58年だから、
同人関係といっても、まだまだ一部のコアな世界だった時代・・・
つーか、当時の祭典も春・夏・冬の3回かつ単日開催で、
せいぜい参加サークル数も1600弱だからなあ。
(分からない人は、検索をすることをオススメしたい)

無論、当時小学生だった私はこの存在を知るよしはなし。
高2の終わりから読み手として(主にシュラトとトルーパー)、
高校卒業から描き手(アーケードギャグもとい、ベラボー中心ギャグ)として
同人に関わりだして、今に至っていることを明記しておく。

圭一君のおとんの活動ジャンルが気になるよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/12 22:20 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
20070212125727
仕事の合間&病院の待合中に描いていた鉛筆ラフの社長。
背広でガチンコ勝負って、戦うリーマンって感じがするね。
2007/02/12 13:00 サイキ関連 TB(-) CM(-)
07_02_11-tatarigoroshi01.png

綿流しを読破したとこで、祟殺し編へ。

にしても料理をしたら、火事だなんて・・・。
料理下手というよりも、
単に要領が悪いだけじゃないのかなあ、圭一君は。

下級生の梨花や沙都子にまで、
あきれられてしまうようじゃあ、先が思いやられますな。
大体、綿流し編のカレー実習でもヘマやらかしてるしね。

圭一君が美少女だったら、絶対ドジっ娘に違いないと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/11 23:31 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
07_02_11-hinoki01.jpg 07_02_11-hinoki02.jpg

官公庁上の暦では、連休2日目。
つっても、農民にとっては、さほどを意味をなさない。
あくまでも、休日はリーマンの概念だからである。

ということで、昼から仕事開始。
梨の剪定が終了した後、
今年の春先に出荷する予定のヒノキの選別&仮植作業を行っているのだ。

07_02_11-hinoki03.jpg昨年夏に発生した雑草事件のために、
3割から4割ほどのヒノキを犠牲にしたため、出荷できる分は少ない。
さらに、そこから選別をすれば、
実際に出荷に耐えられる物件はもっと少ないわけだ。


規定の太さ・長さに加え、根の良し悪しが出荷対象になるからだ。

といったとこで、作業するも、
とにかく寒い!

大慌てで出かけたために、
着脱簡単な毛糸の服を持ってくるのを忘れてしまったのである。
その為、作業に集中できるわけもなく、
がくがく震えながらやるハメになってしまったのだった・・・。
手先や足先が寒さでかじかんでくるし。

なんだかんだ作業したとこで、5時半で何とかお開き。

暖冬だの地球温暖化と騒がれても、
それなりの寒さ対策が必要だと痛感させられた1日であった。
2007/02/11 23:28 本日の農作業 TB(-) CM(-)
07_02_11-mion01.jpg

綿流し編をやっとこさ読破。

にしても、このエピソードの魅音の変貌ぶりって、
鬼隠しのそれと、印象が大分違う。

どこからが、通常の姉御肌の彼女で、
どこからが、鬼のこころを持った彼女なのか、
はっきりしないのだ。
ただ、二つのモードがあるとはいえ、
いずれもそれなりに行動の認識があるしな・・・

にしても、最後の最後で、死んだはずの彼女が、
何で圭一の病室が分かったのか、非常に気になるぞ。

ただ、いえることは、彼女が若くして雛見沢の名家の長の後取りとして
村を統べる重い運命を背負っていたことだろう。悲しいことに。

非常に気になるよねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/11 11:15 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
07_02_10-miyo01.png


綿流し編も中盤。
ということで、イラストの方は、鷹野三四。

大人の魅力と言うよりかは、
何を考えているのかよく分からないミステリアスな女性。
圭一と詩音と共に、
神聖なる祭具殿で雛見沢の昔話をする彼女の表情が怖すぎ・・・
中に入っている拷問道具の中で臆することなく、
淡々と彼らに話すあたり、彼女のクールさもうかがえたりする。

しかも、沢山のスクラップ記事を持っているあたり、
何を考えているのかと思うと、非常に気になっていたりする。

全く持ってそうだよね・・・と思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif


2007/02/10 23:49 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
07_02_09-shion01.jpg

イラストは綿流し編初登場の園崎詩音

バイト先のエンジェルモードの
新作スィーツ試食会のイベントエピソードを読んでみて、
ここの招待客になりたいよと思ってしまった。

その手のにーちゃんのいやらしい視線に
困惑しちゃう詩音がかわいすぎ。
お客さんに転ばされて、
あたふたしてしまっているとこなんて特に。

でも一番の強敵は、かあいいモードのレナかも?
ロックオンされて、衣装ごとお持ち帰りされちゃうぞ。

エンジェルモードの招待客になって、
衣装を眺めてみたいと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif
2007/02/09 23:50 ゲームプレイ日記 TB(-) CM(-)
以前から欲しかったPS2&ナムカプをゲット。

実は一年前からこのゲームをやりたかったとはいえ、
金欠もろもろと理由をつけて、先送り。
年末にゲットしたベラボー本がきっかけで、
今年はサイキだけではなく、
レゲー一般でも同人活動しようを決めたのだ。

そこへこのゲームだ。
まさに渡りに船。

しかし、まだひぐらしの方が終っていないので、
このゲームをプレイするのは、お預けだ。

ちなみに、プレステと一緒に、ジョイスティックも一緒にゲット。
どうも、ゲームの操作上、パッドでやるのはちと荷が重そう・・・。
つーか、単にアーケード時代のクセが抜けないだけじゃんか。

途中でほったらかしにするのはよくないよね思う人は、ぽちっとな。
webclap-w.gif
2007/02/09 23:47 レトロゲーム関連 TB(-) CM(-)
07_02_09-coffee01.jpg

PS2とナムカプを買いに行った帰りに寄った
津のショッピングセンター・サンバレー内にある
ANAKA COFFEEのキャラメルラテ。

泡がたっぷり入ったコーヒーの上に、
甘く香ばしいキャラメリーゼのメリハリが、
ほろ苦いさをより強調させてくれる。

何事もメリハリが大切だねと思う人はぽちっとな。
webclap-w.gif

2007/02/09 23:46 食べもの TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。