ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
診断がついたとこで、今日から液体窒素療法スタート。
といっても、治療そのものは非常にシンプルだ。
一種の「根性焼き」療法なのだ。

というわけで、Dr.が湯気の立っている金属製のマグカップを持ってきて早速治療開始。
マグカップの中は無論、液体窒素だ。
この中にひたした綿棒を、病変部に数回押し当てるだけ。

で、心配されていた痛みは?

思ったよりも痛みは少なかったよ

事前にこの療法の体験ブログで「非常に痛い」って聞いてたからなあ・・・
多くは、ウィルス性のイボ関係でのそれで、私の症例とはちょっと違うのかな?
私の場合は、老人性のそれで一箇所だけだしね。

したがって、2週間ごとに治療した病変部の状態を見極めながら、この療法をやるのである。
(今回のケースでは保険適応なので、一回あたりの治療費は野口さん一枚出せばお釣りがくるよ)

そうなると・・・10月の東京遠征明けもとい、連休明けに通院する可能性が大きいってわけだ。
って、おい!
お土産にインフルもらったらしゃれにもならないよ!!
我が家には、人工透析患者と高齢者がいるんだからな。
新型のそれは、私自身は完全に接種の列外だし・・・せめてハイリスク陣の家族にも接種対象を広げて欲しかったなあ。

そういや、私が住む地方で、ようやく裁判員裁判スタートだったなあ・・・。
ローカルニュースを見ていたら、傍聴席の抽選倍率が激高だったとか。

ハイリスクでなくても、通院する人にとっても、インフル問題は深刻だよね・・・と思う人は、ぽちっとな。
summer.gif

スポンサーサイト
2009/09/15 22:11 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。