ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
午前中は皮膚科、午後から「季節性」インフルワクチンの接種と病院のはしご。

前者は、9月から続いていたシミのような「イボ」の治療の続きである。
にしても、2回目の治療から3週間後でよかったよ。
だって、2週間後だと、イベント帰りで新型インフルをお持ち帰りしてる可能性があったんだもの。
もしかかっていたら、皮膚科には行けないのだ(感染させてしまうからね)。

今回の診察で、これ以上液体窒素による治療は不要とのこと。
しかし、いわゆる「根性焼き」の際に生じる炎症が残っているのだ。
(病変部のかさぶたが取れても、赤みが残るのはこのせい)
ゆえ、他の部分に比べてデリケートだ。
病変部をバンソウコウ・ファンデーション・日焼け止めを使って、病変部を日光からガードしてくれというわけだ。
もっとも、農作業する分には、日焼け止め+バンソウコウ上等なんだけどね。

後者は、間接的に新型対策の一環で。
勿論、新型には効果がないどころか、私自身が新型のそれの接種対象外なのだ。
新型が流行しているなかで、透析患者がいるからねえ・・・。

ちなみに・・・私が住む県では今日から医療従事者から新型のそれの接種が開始。
おかんは基礎疾患持ちなので、約一ヶ月後に開始なんだけど・・・肝心の本人が不良患者なので、接種自体無理そうなんだけどね・・・。
せめて、基礎疾患を持つ患者の家族にも優先対象にして欲しかったんだけどねえ・・・。
お国の方針である以上、仕方はないのですけどね。
(もし、打てても、3月以降になりそう・・・って無理やんか)

注射の帰り、靴屋へ行ってスニーカーを探すも・・・完全にアウト。
お気に入りのスニーカーがあったので、サイズを告げるも、
店員に「ありません」と言われてしまった・・・。
勿論、お出かけ用の大きいサイズサイズもおいてあるものの、
すべて足幅が広すぎて全滅orz
分厚い靴下を履いてる状態で靴を履いても、幅狭甲低なので、足がかぽっと抜けてしまうのだ・・・

結局、ショッピングセンターにあるスポーツ店へ行かなければ、
自分に合ったスニーカーさえないなんて、そりゃないぜ。

summer.gif
スポンサーサイト
2009/10/20 00:49 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。