ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
09_11_11-02.jpg  09_11_11-03.jpg
ハンズでちょっと気にかかっていたけど、まさか地元にあるとは思わんかったよ。
文字通り「灯台下暗し」だ。
終日雨天ということで、農作業はお休み。
昼過ぎに、手持ちのローファーとスニーカーを持参して、フクワへ行く。
津新町駅近くの商店街沿いにある小さなお店である。
(駐車場も狭いながらもある)

早速持参した靴を見てもらったところ、ローファーについてはダメ出しが出た。
底が厚すぎて、つま先が十分に曲がらないのだ。

もう一方のスニーカーの方は、足長はともかく、小指の付け根が当たって痛いのだ。
そこで、このお店で作っているらくじきという中敷をためしに入れて履いてみることに。

なんということでしょう!
小指の付け根の痛みが消えたではありませんか。

(大改造!!劇的ビフォーアフターのナレーションの声で)

09_11_11-04.jpg

どうやら、原因は幅狭甲低のサンマ足なのに、ワイズ(足囲)が広すぎる靴を履いたのがたたっている模様だ。
案の定、足を見てもらったところ、軽い内反小趾傾向になっていたのだ。
たしかに、これでは靴擦れしない方がおかしいわけだ。

即決で、らくじきをゲット。

今回の件で分かったのは、おしゃれ靴関係については、諭吉さんを集めて遠征時に探すしかないということだ。
ネットでも別段買えなくもないが、実際にはいて選んだ方が無難だからだ。
にしても、おしゃれな服を着るにも肝心の靴がスニーカーじゃ興ざめだもんなあ・・・。
結局、まともにはける靴がない為に、おしゃれな服が着られないのは本末転倒だからね。

ちなみに、某SNSのコミュでデカ足プラス幅狭甲低向けのスニーカーであれば、四日市までいけば何とかなることも判明したのだ。

本当に地元にまさか、足のトラブルに強いお店があるとは思わんかったよ。

フクワについての詳細はこちら(別窓で開きます)→

summer.gif


スポンサーサイト
2009/11/11 23:03 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。