ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
22-04-08-01.jpg

歯医者(厳格に言えば歯科口腔外科)の帰りに書店へよったら、ゲームサイドがあったので、即決でゲット。
しかも、ナムコアーケード特集ときちゃあ・・・

というか、ヲタの道にはまってしまったのが、'80年代後半の頃の765アーケードゲームだったからねえ・・・。
当時は高校生だったこともあって、金銭的にも大変だったけど、社会的にも大変だったのだ。
何分、小学校低学年時代のインベーダーブーム以降は「ゲーセン立ち入り禁止」がまかり通っていた時代だからだ。
そこへ風穴を開けたのが、当時としては唯一のアーケードゲーム誌・ゲーメストだったのだ。
実際に通っている人、オペレーターの声もあって、その中でもゲーセンに対する社会的偏見に泣かされた旨の手記が非常に多かったのだ。

実際にゲーセンに行ったものの、学校の教師から教えられた情報と実際の内容がまるで違いすぎてショックを受けたり。
むしろ、中はこぎれいで、入っているお客さんもごくごく普通の学生さんばっかで。
あの時、思い込みほど怖いものはないって、マジで思ったものだよ。
そして、正しい情報が入らないことってこんなに怖いものだったとはねえ・・・。

地位的にも社会的にも金銭的にも立場が弱く、制約も多かったけど、そんな中で出会った765アーケードゲームは格別だったりするのだ。

今となっちゃあ、苦労して遊んだこれらも、wiiのVCを利用すれば、遊べるんだけど(もち有料)、ハードを持ってない以上、ゲットする方が先なんだけどね・・・。
スポンサーサイト
2010/04/08 21:24 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。