ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
22-07-31-01.jpg

やっとこさ、梨の直売スタート。
しかし、前座が喜水ということもあって、冷やかされ要因だったりするのが現状。
・・・って、どうやらにんげんさんは、幸水梨しか見えてないんじゃあねえ。

といったとこで、月末はドタバタしてました。
マイお部屋のエアコンのクリーニングが無事終了。
しかし・・・年期の入り方が半端じゃなかったようで、洗浄液は完全に真っ黒けだ。
どんだけ、かびるんるんだったのやら。
そりゃ、アレルギー性鼻炎になるわな。
クリーニング効果はてきめんで、以前よりもエアコンの効きは倍増なのが大きい。
費用も福沢さん二枚以内とリーズナブルなので、これはおすすめ。



(以下、ネガティブな話なので、たたんでおきます)
















梨の直売がスタートしたものの、肝心のばあちゃんは・・・というと、腰の痛みが激しくて、自力では車椅子には乗れない状況だ。
当然のことながら、ほぼ寝たきり状態となってるわけで、叔母が午前中に介護に来ている有様である。
病院へ行く時も、必然的に福祉タクシー頼みというわけだ。
その手の本職さんはすごい!
リクライニングタイプの車椅子に乗せるのも手早いのだ。
そもそも、我が家には車椅子ごと乗せられる車はないのだ。

にしても、国立のリウマチ科の先生の口から「医療麻薬」という言葉が出てくるとは思わんかったよ。
どちらかというと、いわゆる緩和ケアに用いられるニュアンスがあるんだけど、欧米の方では圧迫骨折における激痛においても使われることが多いとか。
しかし、日本では、よほどの先生、よほどの薬剤師、よほどの施設でない限り、そうそう使える代物ではないのが現状なのだ(第一、麻薬という言葉自体、薬物乱用などのネガティブな印象が大きいから)。
当然、我が家のかかりつけの場合も例外ではないのだ。
こういうとき、日本の医療システムをのろいたくもなる。

もちろんの事ながら、この状況では直売どころではないが。


といったとこで、冬にハガレンのキンブリーのコスしたいので、8月あたりからぼちぼちと衣装作りしたいなあ。
しかし・・・ミクでその手関連のコミュを見る限り、ある意味私にとっては辛いんだよね。
いわゆるマンガやアニメなどのキャラに忠実に再現する「完コス」が主流になっている今、「努力してもできない」為である。
このタイプのコスにおける三種の神器・「ウィッグ」「カラコン」「厚底靴」のうち、後ろ二つは確実に無理だ。
カラコンは、低視力で眼鏡をかけているものの、重症逆さまつげの為に、医者からコンタクトそのものをとめられている。
厚底にいたっては、それ以前の問題で、自分にあった靴自体を探すのが至難の業だ。
大体、クィーンサイズに加え、幅狭甲低の超規格外ということもあって、合わない靴を履いて靴ずれを起こした挙句にびっこを引いた経験もある。

今のキャラクターコスプレの潮流を見ていると、とても悲しい。

「身体ハンデのあるものは、コスプレをするな」

といってるようで。
キャラが好きが高じてコスもしたいからこそ、努力も必要なんだけど、限度もある。
この辺を差し引いた上で、真面目に楽しみたいからさ・・・マジで。
ヲタクの世界だって、バリアフリーは必要なんだよ!
スポンサーサイト
2010/08/01 02:18  TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。