ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
22-12-03-01.jpg


それにしても本当に天気がめまぐるしく変わった一日だ。
午前中はばあちゃんの定期診察の為の付き添いとして国立へ行く。

にしても、総合病院の宿命だけに、朝の8時半過ぎに到着して血液検査をして診察してもらった時点で、12半すぎ・・・。
ここまでで丸4時間費やしている有様だ。

でまあ・・・今年でばあちゃんの主治医は退職。
というのも、来年から名古屋駅前で開業医を開くからだ・・・。
(もちろん、リウマチ専門病院)
って、ばあちゃんの体力じゃあ、絶対無理!!

かといって、後継の医者もいるわけもなく、紹介してくれた近所の整形外科へ逆紹介ということになってしまった。
まあ、要するに、マスゴミで騒いでいる総合病院の医師不足のあおりってワケ。
それいっちゃうと、現在歯医者で治療している親知らずも、発見が遅れてアゴの骨にまで膿が来ていたら、大学に入院する羽目になる可能性もあったかも・・・
(入院設備のあるまともな歯科口腔外科は私が住んでいる町では、大学しかないので。それでも無理なら愛知の歯科大送りもありえるのだ)
ちなみに・・・紹介状は後日、国立へ出向いて取りに行かなければならないのだが。

午後からは、切れていた耳鼻科の薬をもらいにいったり、原稿に使うミリペンや筆ペンや、来年の手帳とかを買いに行ったり。
しかし、耳鼻科には例の週刊ポストの最新号がなくて、ちょっとがっかり。
かかりつけの歯医者の待合には、この雑誌がおいてあるので、来週歯医者に行く時に待合時間中に読んでみよう。
治療中の親不知くん・・・先月の26日の時点で、今後の治療方針を説明してもらったのだ。
この後、最終的に中を詰めたあと、土台作成→型取り→銀歯かぶせるとなるんだけど、このときに12歳臼歯の詰め物も作り直す必要があるといわれたのだ。
詰め物の境目に虫歯が出来てるらしく、将来外れてしまう恐れが生じているためだ。
果たして、年中に親不知の治療が終わるのか謎だ。

拍手ボタンを押してくださった方、ありがとうです
スポンサーサイト
2010/12/03 23:22 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。