ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)


ニコ動でこの合唱曲を聴きながら日記を書いている。
歌詞が今の状況に重なりすぎて涙が止まらないのだ。
それもそのはず。

直接的な地震の被害から免れた立場としては、

被災者に対して基本的に何もしてやれない

という厳しい現実を突きつけられているからだ。

知人宛ての荷物は秋田に着くことなく、私の家へ帰ってきた。
秋田も地震による停電・崩壊の被害が大きく、
メールという通信手段もおぼつかないのだ・・・。

そんな状況で、具体的な後方支援はままならない。
募金は送付先を慎重に選ばなければならず、
ささやかな節電も、周波数という壁がある(註)。
ましてや、被災地へ行って・・・というのはもってのほかだ。

ツイッターも地震関連一色で、中にはデマもTLに混ざっている有様。
下手に地震以外のことをつぶやこうとすると、「不謹慎」だのとたたかれかねない。

しかし、ほとんど何事もなく被害をこうむることのなかった人にとっては、それは決して「不謹慎」ではなく、むしろそれは「日常」なのだ・・・。
それどころか、私自身の生活だってある。
何事もなく、普通の日常としての仕事をもくもくやっているけれど、被災者のことを想うと、本当に「申し訳ない」という気持ちになってしまうのだ。


でも、このブログを読んだとき、ほっとした。
私一人だけじゃないんだ。

被災を免れた人が本当にできることはただ一つ。

笑顔で、「日常生活」を送ること

そのことが、むしろ被災者を元気づけることができるのではないか・・・と思うのだ。

(註)
基本的に周波数は東日本と西日本で異なる。
したがって送電するにも、周波数を変換する必要があり、電力も限られてしまうからだ。
スポンサーサイト
2011/03/14 01:37 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。