ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
夏の祭典には一般も含めて参加しないものの、水面下で原稿作業をしている。
が、困ったことに、悪天候ということもあり、どうしても生活リズムが崩れがちなのが悩みどころだ。

といったとこで、コミスタを使って下描きから作業をしているのだ。

が、今やっている原稿は、クライアントから原稿サイズが指定されている。
このため、コミスタ内にデフォルトで入っている原稿テンプレートが使えないのだ。
そんな状況でも大丈夫。
印刷時の判型、断ち切り幅などなどを数値入力するだけで、簡単にオリジナル原稿のテンプレートが出来てしまうのだ。
これを使えば、ページ単位でつくるのも簡単なのである。
正直な話、この作業は写真屋でも作れないこともないんだけど、ちょっと難しい。
しかも、四コマでの作業なのだ。
内枠のことを考えると、原稿用紙に描いた下描きを取り込み→縮小もやりづらいと判断、フルデジタルで作業することになってしまったわけである。

とりあえず、下描きまで完了ということで、先にふきだしを配置する作業まで終わらせておいた。
いつもはトーンを貼って効果線を入れた後でやるんだけど、今回はあえて先に済ませておいたのだ。
これもコミスタではとっつきにくそうだけど、コツがつかめば楽勝。
実は写真屋やコミワクで作業する際、一番不満だったのがこの点だったのだ。
コミワク指南サイトで、そういう方法があったので、試験的にやってみたけど、案外その方が作業しやすいことに気づいたのだ。

週間天気予報を見ている限りでは、あまり仕事が出来ないのが辛いなあ・・・。
小雨なら何とか強行できるんだけど。

というわけで、ネットでコミスタ虎の巻を注文したので、病院のついでに支払いに行かなきゃ。

遅くなりましたが、拍手ありがとうございます。
上記の通り、仕事柄悪天候に振り回されてるこのごろだけに早く天気なって欲しいなって思うこのごろです。
スポンサーサイト
2011/06/20 14:03 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。