ヲタクと農業従事者の二足のわらじライフをつづります!
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
24_06_12-04.jpg

今日から農簿講座のセミナーのために津庁舎へ。
場所もとっても分かりやすくて、会場まですぐでございましたよ。

ちなみに、ここの庁舎の食堂は一般の方でも利用できるので、覚えておこう。

それはさておき。
こんな形で簿記に触れるなんて思わなかったなあ。
簿記自体、高校(注1)以来だから、何年ぶりなのやら。

今回の講義は、農簿というよりかは、複式簿記そのものの「いろは」だったのだ。
商業簿記にとてもよく似てるけど、やはりちょっと違う。
資本が動くのが農簿の特徴って、知らなかったなあ。
農業という性格上、天気やそのときの値段の変動に左右されるから、思わず納得。
後は勘定科目が非常に多いこと・・・くらくら。

とはいえ・・・オカン自体も複式簿記はちんぷんかんぷんとか・・・。
いわゆる単式簿記(注2)でやっているので、青色申告の控除額はかなり限定されることもここで知ったのだ。

そんなこんなで、本格的な講座は実質来週からなのだ・・・。

今回の講座で、専用ソフトについて質問してみたものの、案の定相当なお値段になることが判明・・・。
プロユースだから、ipad一枚は簡単にゲットして、お釣りももらえる価格です(笑)

( ̄□ ̄;)Σひええええええ!!!


(注1)
学校で本格的に学ぶのであれば、農業系の大学・専門学校・高校あたりだろうと思われる。

(注2)
家計簿やお小遣い帳をつけるときに使うのがこれ。
単純なため、誰でも使いやすい反面、計算ミスも多いのが欠点。
ちなみに、同人でオフ活動しているのであれば、単式でいいので帳簿はつけておいた方がいろんな意味で勉強になります、本当に(収支云々よりも重要)。
もっとも、デカいところで、国の予算も実はそれだという罠・・・。
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

うそだと思ったら、検索してみてください。
官庁会計(ウィキ)→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E4%BC%9A%E8%A8%88

スポンサーサイト
2012/06/12 20:47 日常のつれづれ TB(-) CM(-)
拍手
プロフィール

妙島浩文

Author:妙島浩文
80年代後半ナムコレゲーを愛するヲタク。
本業は農業。特技は切り絵。

滝平企画宣伝ツイッター
滝平企画関係の宣伝アカウントです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。